キャッシングを延滞したらたどる運命とは?

延滞したからといって焦らないで!まずはローン会社に相談

クレジットカードやカードローンの支払いを延滞してしまった!気がついたときは、焦ってしまいますよね。

返済を延滞したらどうなるの?

まずは、最悪の場合を考えてみましょう。借金の返済を延滞しているのをわかっていながら延滞し続けた場合です。

消費者金融会社は、あなたが返済してくれないので、もちろん「返済してくださいね」というお知らせをメールや封書や電話で出します。あなたはそれも無視し続けてしまったとします。

そうすると、最終的には、裁判所から通知が来ることに!あなたは裁判にかけられるのです。消費者金融会社とあなたで簡易裁判所に行き、今後どうすればいいかを話し合います。その結果、給与差し押さえなどの困った事態になってしまうこともあるのです。

そして、あなたが一度そんな運命をたどってしまえば、今後カードローンやクレジットカードを利用することができません。今後5年間は、あなたの信用情報が残されてしまうのです。いわゆる「ブラックリスト入り」というものです。住宅ローンなどを利用するならば、5年以上経った後にしましょう。

1日でも延滞したらブラックリスト入り?

ブラックリストという言葉は有名ですね。今申しました通り、ブラック扱いされると、あなたは今後お金を借りられなくなってしまうかもしれません。

1日でもカードローンやクレジットカードを延滞したら、ブラック扱いされるのでしょうか。

これは、会社によって、または、あなたの対応によっても違うようです。あなたが延滞したことにすぐ気づき、即支払って、消費者金融会社側にもそのことをしっかり伝えれば、ブラックリストに急に入ってお金が借りられなくなるという可能性は低くなります。

しかし、あなたがウソをついたりごまかしてしまったりしたら、消費者金融会社もあなたへの信頼をなくしてしまいます。最悪の場合、新規でお金を借りることができなくなるかも?

ですから、あなたが延滞してしまった場合は、すぐに消費者金融会社に相談することが大事なのです。