外国人はキャッシングできないのか?

「外国人でも融資オッケー」と書いてあっても・・・実際はこうなる!

外国人が融資を受けるのは難しいといいます。クレジットカードやカードローンなど、私たちに身近なローンではどうなのでしょうか。

外国人は融資を受けにくい!

外国人の方は、日本人に比較すると、あらゆる融資が受けにくいと言われています。なぜなのでしょうか。

ひとつに、提出書類が日本人よりも多くあることがあげられます。外国人は、外国に行ってしまえば、もし日本に借金を残した場合取り立てが難しくなるからです。ですから、永住権を持っている外国人でないと、キャッシングなどの審査が受けられないのです。

また、言葉の問題も大きいです。うまくコミュニケーションが取れないと、消費者金融会社とトラブルが起こってしまうかもしれません。なるべく面倒は起こしたくないのが消費者金融会社の気持ち。自然と外国人の審査は厳しくなってしまいます。

外国人でも融資オッケーという広告

しかし、外国人は融資が受けられないというのならば、融資を受けたい外国人は困ってしまいます。ですから、そんな外国人のお客さんを集めるために、消費者金融会社は広告を打ちます。「外国人でも融資できます!」「外国人審査できます!」などの広告がそのひとつです。

そう書いてあれば、外国人のお客さんも安心して申し込みすることでしょう。しかし、現実は・・・。

キャッシングやカードローンなど借りやすいものでも・・・

クレジットカードやカードローンという、私たちの身近なキャッシングであったとしても、外国人への融資は難しいのが現状のようです。外国人でも融資できるという広告は、あくまでもお客さん集めの広告になってしまっているようです。

しかし、外国人がキャッシングするときの提出書類は、消費者金融会社によって多少の差があるようですので、申し込む手間を省きたい場合は、比較してみるとよいでしょう。