お金を借りるキャッシングやローンの意味

キャッシングやカードローンの意味をかんたんに教えます!

「キャッシング」とか「カードローン」とかいろんな言葉がありますが、その意味がよくわからない!という方は大変多いのではないでしょうか。カードローンを始めとするお金を借りることの意味をわかりやすく解説します。

会社からお金を借りることの仕組みや意味

会社からお金を借りるのは、友達や親にちょっとお金を借りるというのとはわけが違います。よく仕組みや意味を知っておかないと、会社とトラブルになってしまうこともあります。

消費者金融会社や銀行からお金を借りるということは、つまるところ、「時間を買う」ということです。借りるという言い方をすると、返せばいいのだという感じにとらえてしまうこともあるかもしれませんね。しかし、消費者金融会社や銀行もボランティアではありません。返済するのみならず、手数料なども支払う必要があります。カードローン会社は、その手数料で儲けているのです。

その手数料は「金利」と呼ばれます。あなたが借りたお金に、たとえば18%の金利をかけて、その分が会社側の儲けになるのです。

お給料前には手に入らなかったはずのお金を手に入れて、後から返済して、お礼のお金も支払う。時間を買うというのはそういう意味なのです。

言葉の意味①カードローンとは?

お金を借りる全般の意味はお分かりになりましたか?それでは、言葉の意味をご説明します。まずは、カードローンという言葉の意味。カードローンとは、「カード」を使った「ローン」のことです。

カードはわかると思いますが、ローンとはなんでしょう。ローンは、基本的には、借りたお金を毎月決まった金額で少しづつ返済していくことを言います。分割払いのような感じですね。
しかし、カードローンは、カード1枚さえあれば、いつでも便利にお金を借りることができるものという意味で広まっています。返済というよりも、追加でお金を借りやすいという便利な面が広まっているのです。

言葉の意味②キャッシングとは?

キャッシングとは、お金を借りることを英語で表現しているものなのですが、一般的には、借りたお金を一回で返済するという意味で使われているようです。また、カードローンとは別に、クレジットカードにまつわる言葉としても広まっているようです。

ちなみに、クレジットカードは、お金を借りるというよりも、カードを使って買い物をするというお財布代わりのイメージの方が強いですから、カードローンとは違うのです。

しかし、現在では、キャッシングもカードローンもクレジットカードも、たいして違いがなく色々な場所で使われているようですね。