住宅ローンとキャッシングの関係って?

住宅ローンがあってもキャッシングできる!でも、注意しないと・・・

私たちの身近なローンのひとつは、住宅ローンですね。ここでは、住宅ローンとキャッシングの関係をみていきましょう。

住宅ローンがあるとキャッシングできない?

キャッシングするには審査があります。たとえば、あなたが無職の場合、キャッシングしても返済できませんよね。ですから、無職だったり、一定の収入のない人には、キャッシングはできないのです。

その審査の過程で、住宅ローンの有無が問題となる場合があります。住宅ローンがあると、あなたに他の借金があると判断されるので、キャッシングの審査に関わってくるのです。他に借金があれば、キャッシングの返済がそれだけ大変になってしまいますから、キャッシング会社も、あなたの別の借金は厳しくチェックするのです。

しかし、住宅ローンがあるというだけでは、キャッシングの審査に通らないとは言い切れません。あなたがキャッシングの返済ができる余裕があればいいのですから、あまりに無理のあるような金額のローンなら別ですが、住宅ローンのように長期スパンでゆっくり返済していくようなものであれば、キャッシングの審査にはそこまで関わらないという場合もあります。

その上、会社によっても審査の基準や対応が微妙に違います。ですから、キャッシングの審査は、結局のところ申し込んでみないとわからないということが多いのです。

自分の身は自分で守る!

このように、住宅ローンがあってもキャッシングはできる場合が多いのですが、それでも安心してはいけません。

あなたがキャッシングの審査に通ったということは、住宅ローンに加えて借金が増えるということです。もちろん、便利に使えば、キャッシングはあなたの強い味方になるでしょう。しかし、返済する余裕がないのに借りるだけ借りてしまうと、いざ返済日が来たときに、返済して生活費が残らない・・・!なんてことがあるかもしれませんよね。その上、住宅ローンがあるとなおさらです。最悪の場合、あなたの住宅を手放さなければならないようなことも・・・。

キャッシングは最初は数万円のつもりでも、積もりに積もって数十万円・数百万円とあっという間に増えるものです。くれぐれも利用は注意しましょう。