繰り上げ返済した方が得?損?

ローンやキャッシングの繰り上げ返済って何?した方が得なの?

ローンや消費者金融会社の利用のときによく聞く言葉「繰り上げ返済」。いったいどんなものなのか、基礎知識をみていきましょう。

繰り上げ返済した方が得?損?

繰り上げ返済すると得だ!という口コミと、かえって損になるという口コミの両方があるのをご存知でしょうか。消費者金融会社のカードローンや、クレジットカードのキャッシング機能はできるかぎりお得に使いたいですよね。

返済にかかる金利や手数料をできるだけ省くためには、繰り上げ返済をした方がお得なの?損なの?その答えは、「時と場合による」というものだったのです。その理由を説明していきますね。

繰り上げ返済ってどうやるの?

そもそも、繰り上げ返済とはどうやって行うのでしょうか。

あなたがお金を消費者金融会社から借りた場合、返済方法を選ぶことができます。そのひとつは、分割払いです。毎月○○○円と決めて、一定の金額を少しづつ返済していくのです。

しかし、「今月は余裕があるから少し多めに返せるかもな?」という時もあるかもしれませんね。その場合、提携しているコンビニのATMなどでも追加でお金を振り込むことができます。そのことを「繰り上げ返済」と呼びます。

このように、返済できるときに余計に返済しておくことを繰り上げ返済と言っています。

繰り上げ返済するとこんないいことがある!

繰り上げ返済すると、当然のことながら、あなたが返済しなければならないお金がその分だけ減ります。このことで、予想以上に良いことがあなたに起こるのです!

それは、返済するお金が減るので、「利息分」も減るということです。利息は、返済に関わらず、あなたが消費者金融会社に支払うお金ですから、少なければ少ない方がいいですよね。あなたが借りているお金が少なければ少ないほど、金利は安くてすみます。だから繰り上げ返済はお得なのです。

繰り上げ返済しない方がよかった・・・?!

いいことばかりの繰り上げ返済ですが、繰り上げ返済して困ってしまった場合もあるのです。それは、繰り上げ返済したからといって、翌月に返済するお金は変わらないということが原因で起こる悲劇です。

「早く返済しないと!」ということばかりに気を取られていると、翌月の生活費がカツカツになってしまい、ローンを組んだ意味がなくなってしまうのです。ですから、繰り上げ返済は、本当に余裕がある時にでないとあまり得とは言い切れないのです。