年齢とキャッシングには重要な関係が!

キャッシング審査に通りやすい年齢なんてあるの?実は・・・。

キャッシングは便利ですが、本音を言えば、審査があるのがちょっとイヤですよね。気になる審査の基準。キャッシングの審査には、年齢は関係あるのでしょうか?

キャッシング審査の重要なポイント

キャッシングの審査は、基本的に、「返済することができるかどうか」を見ます。極端なことを言えば、無職の人はお金を借りても返すあてがありませんよね。ですから、無職の人は、審査で弾かれてしまうわけです。

もちろん、ちゃんとした職業についていても、審査に通らないことがあります。それは、他の会社にたくさんの借金があったり、収入があきらかに少なかったり、安定した収入が毎月なかったりするのが原因です。

しかし、年齢がキャッシングの審査に関係するというと、なぜ?と思ってしまいますよね。

年齢とキャッシング審査の関わり

実は、あなたの年齢を、キャッシングの審査では思ったよりも見られるのです。なぜでしょうか。

たとえば、60代の人がキャッシングを申し込んだとします。審査に有利でしょうか、それとも不利でしょうか。答えは、「不利」。60代というと、若い世代よりもお金を持っているイメージがあるので、キャッシングの審査は余裕で通るようにも思えますが、意外ですよね。

一方、20代・30代の人がキャッシングの審査に通りやすいと言われています。まだお給料がそこまで高くない若い世代の方がキャッシングに通りやすいのですね。

年齢が若い方が審査に通りやすい理由

確かに、全財産を考えてみると、若い世代よりも年を重ねた世代の方がたくさんあるとは思います。しかし、キャッシングの審査は、安定した月々の収入が最も大切です。60代であれば、そろそろ、またはすでに定年になってしまいます。お金はたくさんあるかもしれませんが、収入がなくなってしまう可能性がありますよね。その場合は、キャッシングの審査には不利なのです。

さらに、家族を守らなくてはならない世代は、お金も余計にかかります。一人でお金を使うことのできる、独身の若い世代がキャッシング審査には有利といえるでしょう。