借金で苦しまないために知っておきたいこと

惨め・・・借金で身を持ち崩してしまった人のカードローンの使い方

「ちょっとだけなら大丈夫・・・」そう考えるのは大変危険です!借金で身を持ち崩すのは、あっという間なのです・・・。

カードローンを利用している人のタイプ

多くの人がカードローンを利用していますが、その中には、借金で人生がめちゃくちゃになってしまったという人もいます。しかし、その一方で、カードローンを利用していても返済は一日も遅れたことがないという人もいます。

いったいこの両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

どんな人でも、カードローンに申し込んだ時には、自己破産や債務整理をしようと思っているわけではありません。最初はみんな便利に使おうとだけ思っていたはずです。それが、どうして借金で首が回らないような状態になってしまうのか・・・考えてみましょう。

カードローンをギャンブルに使う

最も多い原因のひとつは、ギャンブルにカードローンを使うことです。カードローンの申し込みをする時には、そのお金の使い道は問われません。カードローンはフリーローンなので、使い道は決まっていないのです。

お給料日前の数日を持たせようと思って使う人もあれば、ギャンブルが趣味で、徹底的に負けてしまったので仕方なくカードローンに申し込みするという人もいます。ギャンブルが趣味の人は、抑制がきかなかった場合、お金があればあるだけギャンブルに費やしてしまいます。そんな人がカードローンを手に入れたら・・・そうです。いくらでもお金が出てくる魔法のカードを手に入れたようなものなので、返済するあてもないのにどんどん借りてしまうのです。

ギャンブルだけではありません。自分の欲望のままにお金を借りてしまえば、どうしても返済に困ってしまい、借金で身を持ち崩すことになるでしょう。

絶対に返済できる時ではないと借りてはダメ

カードローンは賢く使えば便利なものです。カードローンを利用するのは、100%返済できる時だけにしましょう。たとえば、給料日前の10日間だけ、返せる分の金額を借りるなど、具体的な数字を自分で設定するのが大切です。